SSブログ

TOEFL100点以上とはどんな英語力? [英語の習得]

こんにちは!

埼北ギターリストです。



外務省は2016年度から入省する職員に
国際的な英語力テストTOEFL100点以上を
獲得しなければならないという条件を付けたようです。

即戦力としての高い英語力を身に着けて
外交現場での交渉に役だてることが狙いだそうです。

元々、英語の国際的な試験には、TOEFLしかなかったのですが、
英語が苦手な日本人のために、日本側からのお願いでわざわざ開発された
英語テストがTOEICだったようです。

TOEICは、日本では物凄く有名ですが、お隣の韓国でも日本を上回る
受験者数になっているようです。
でも受験者数約600万人のうち詳しい統計データを公表されていないようです。

知り合いの韓国人の書籍店の社長の話によれば、日本よりもTOEIC教育が
徹底されているようで、有名な企業に入るためには800点以上の点数が
要求されているようです。




スポンサードリンク














TOEFLは、海外の大学や大学院に入学するために必須とされているものですが、
専門的な用語の知識が必要で、学生が留学する時の英語力の目安とされているもので
授業を聴講するリスニング力と喋る力、読む力が必要なので
かなりハイレベルな英語力を身に着ける必要があります。

それに対してTOEICは、ビジネス英語で読む力、聞く力が中心で喋る力は
試験の対象になっていません。

不思議な話ですが、TOEIC満点(990点)の人がアメリカのハンバーグ店や
アイスクリーム店で喋ったでり、店員の英語をまともに理解できなかったり
という話を良く聞きます。

これは、もちろん誇張された話でしょうから、現地で慣れれば会話はできるように
なると思いますが、確かにTOEICで高得点をとっても喋る訓練ができていなければ
最初は苦労するでしょうね。

私は、あまりTOEICの経験がないのですが、日本の英語試験から
TOEICに換算できるので、それによると800点弱でした。

私は、現役の時にアメリカ、ニュージランド、欧州に行き、会話で苦労したことは
ほとんどありませんでした。
慣れることが最も大切なことだと経験で知りました。

厳密ではないですが、TOEICからTOEFLに換算できる計算式があるという
ことを知りました。TOEICの点数÷10-10が換算式だそうです。
TOEICが800点でもTOEFLは70点にしかならないのです。

ですから外務省のTOEFL100点ということは、TOEICが満点でも
89点しかないということで如何に厳しい基準であるのかが分かります。

私の場合は、研究者でしたから、リスニング問題は、技術的な内容なので
むしろTOEICよりも非常に聞き取りやすかったような気がしました。
日本人も国際化に向けて英語力の強化が必要ですね。




スポンサードリンク













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます