SSブログ

ネイテイブに通じる英語を喋る子音の発音練習 [英語の習得]

こんにちは!

埼北ギターリストです。

我々、日本人が英語を武器として使えるようになるために喋るという
スキルを身に着けるためのポイントについてお話しします。

2つ目は、英語の子音の発音を身に着けることで音としてネイテイブに
通じる英語を喋れるようにすることです。
ネイテイブが聞いても英語として認識されなければ意味が理解されません。

「日本語英語で十分!」という話を聞いたことがありますが、
本当にカタカナ英語では、全くネイテイブに通じませんし、発音が悪く
何の単語を意味しているのかについてネイテイブが理解できなければ
コミュニケーションが成立しません。

日本人ですから訛りを仕方がないとあきらめることも大切です。
日本語でも、訛りで言うと関西弁は他の言語と徹底的にことなるのは
単語のイントネーションです。
ですから英語の場合でも日本語訛りはあっても仕方がないと思います。

英語教材でよく例に出されている発音に関してですが
アイスクリーム店でバニラアイスを注文しても全く通じなかった
という事例が紹介されることが多いです。

バニラという発音ですが、日本人は、BとVを区別するという習慣は
ありませんので同じように発音しています。
しかし、ネイテイブにとっては重要な単語の発音の違いになります。
バニラアイスクリームは、ブアーニラアイスクリ―ムと極端な発音を
行わないとVを認識してもらえません。

子音の発音をマスターすることは容易ではないですが、練習するしか
方法がありません。

BとV、RとLの違い、TH、D、Sなどの子音の発音を理解して
練習することでネイテイブが聞き取れる発音ができるようになります。
私も、喋るということを練習し始めた時に最初に子音の発音を
ネイテイブに徹底的にしごかれました。




スポンサードリンク














訛りというものは、アメリカでも場所によっては、
日本語の訛りのように本当に分かりやすい、分かりにくいという
体験をします。中部地方の英語は分かりやすく、南部の英語は
訛りがきつく慣れないとなかなか厳しいです。
カナダの英語は非常に聞き取りやすいと思いました。

ある程度、子音の発音ができるようになるといよいよ次は
喋る訓練になりますが、私の場合は、電話レッスンを受けました。
これは、ほんとに汗、汗でドキドキします。
まして相手の顔が見えないので、表情から意味を汲み取ることが
できないので音だけが頼りになるので物凄い良い訓練になります。

電話レッスンでは、先生からクラスの指定を受けるための予備練習が
あり、初級、中級、上級の3段階に振り分けられます。
自分のクラスが決まると、複数の先生に対して電話して
その都度の話題を選定して喋り始めることになります。

話題を予め想定して作文をするということも不可能ではなかったですが
会話ですから相手の反応により会話が弾むか、弾まないかが決まります。
私の場合は、あくまでも予め作文しないでぶっつけ本番で臨みました。

この場合は、完全に話し相手のノリに影響されます。
相手のノリが悪く、リズムも悪い場合は、会話するのが大変で
たった3分間の時間でも物凄く苦しく、長く感じます。

私が受けた電話レッスンでは、自分が話すテーマを選ばなければ
会話がスタートしませんから、自分がリードしていき、
相手が完全に聞き役になります。
ですから自分が詰まってしまうと何も話さないで時間が終わってしまいます。
話すテーマについて英語で喋る前に日本語でも良いから知識を整理して
英語でも言い回しについて調べておくと円滑な会話が可能になります。

その時の先生は、色々でしたね。日本文化に詳しく日本語が喋れる人も
いましたし、全く日本語が喋れない人もいました。
それぞれについて長所、短所がありますが、できるならば外国語を
習得する苦労を味わっている人の方が人間味があってよかったですね。

感じの悪い先生がいたので会話の終了時点で
「あなたは日本語が喋れますか?」⇒「いいえ、喋れません」
「それでは日本語を喋る練習をしてください」⇒「無言・・・・」
というような会話をしました。

おそらくこの先生は、日本に来たばかりでアルバイト感覚で
仕事をしていたのでしょう。
日本の英会話学校では、しっかりとした先生があまりいないようですね。

日本の英会話学校を利用する場合には、自分がネイテイブと問題なく
会話ができるレベルに達していない人には、あまり意味がないですね。
英語上達には、自分で訓練するしかありません。
この意味では、筋トレ、ダイエット、楽器の習得、スポーツの練習など
全て同じ共通点がありますね。




スポンサードリンク













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます