SSブログ

背泳ぎの習得について [水泳]

こんにちは!

埼北ギターリストです。

背泳ぎは簡単に言うと仰向けになったクロールです。
顔が常に空気中にあるので呼吸も本当に楽ですね。
本当は、もしかの時に困るのでクロールと同じように
口で息を吸いと鼻で吐き出すという呼吸操作を繰り返していた方が
良いのですが、意識的には楽していること忘れてしまいますが・・

背泳ぎからうつ伏せになってクロールに反転するという練習を
する場合には空中でのこの鼻で吐き、口で吸うという呼吸動作を
続けていた方が楽ですね。背泳ぎの時に隣のレーンからの波が来て
水を飲んだ場合も鼻で吐き出す呼吸法により水を飲む確率が減ります。

瞬間的に口を開けて空気を吸う場合以外は、しっかりと口を閉じて
いるので水を飲んでしまうという確率が減るからです。

背泳ぎは、見た目よりも実際にそれらしく恰好よく見えるためには
いくつかの注意点があります。
仰向けクロールだと考えるとなるほどと納得がいきます。




スポンサードリンク















まず、手の動作ですが、手を空中に出した時に肩甲骨から真っすぐに
前に伸ばすことです。これを意識しないと見ていても溺れそうな
惨めな泳ぎになってしまいます。兎に角肘を真っすぐに伸ばすことです。

そして腕の肩に近い部分と耳が接触するくらいの感じで腕を回します。
この動作を両手で行います。
そうすると見ていて綺麗な動きになります。

両手の動きは、速くても遅くても連続して動かし、
決して休まないことが自然な動きに繋がります。

水中での手の動きは、着水した手の肘は曲げて掌で水を水泳パンツの
方向に押し出すような格好で水を掻き推進力を生みだします。
水を掻いた手は、空中に上げて回し、着水する時には
親指かもしくは小指どちらかの指を先に着水させます。

親指派、小指派がいるようですがどちらでも良いようです。

足の動きが、肝心ですが、クロールと同じように膝を曲げないことが
綺麗な動きに繋がります。背泳ぎになるとバタバタすることが多いですが
決して膝を曲げてはいけません。
膝は真直ぐにして脚全体を使用して、足首を柔らかくフィンのようにして
水を後ろに押し出しましょう。

これらの一連の動きがスムーズになるように練習しましょう。
プールでも綺麗で静かな背泳ぎができると本当に恰好が良いですね。




スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます