SSブログ

より洗練された平泳ぎを目指して [水泳の習得]

こんにちは!

埼北ギターリストです。


海や川で行う平泳ぎとプールで泳ぐ平泳ぎはそれぞれ目的が
違います。
海や川では、まず安全第一で水に溺れない、
浮いているということが大切で積極的に潜水する以外は、
顔を漬けないということが基本でした。

競泳用の平泳ぎは、前に推進するということで
全身のバネを利用して両手と頭で水に突っ込むような感じで
水に潜り、水の反発力で浮き上がるという上下の力も使います。

この上下の力をイメージするには、両手の指先をくっつけて思い切り
プールの底まで潜り、水の反発力で浮き上がるような練習を
繰り返すことで今までの平泳ぎと違う
攻撃的な平泳ぎイメージすることができます。

この動きは、海や川で行う平泳ぎとは全く違ったものなので
両手をくっつけて頭ごと水にもぐり底まで行ったらまた水面に飛び出す
というような動きを連動して25m目一杯繰り返すということで
攻撃的な平泳ぎになります。




スポンサードリンク















両脚と両足の動きが上手くいかない場合、特に脚力があまり強くない
女性の場合には、ビート板を両手で持って体を浮かせた状態で
カエル足の動きを練習します。

水を両足で蹴るときには、必ず足裏感覚を大切にして必ず足裏で
水を押すという練習をしてください。
両足で水を蹴った後は両脚は伸ばしますが、必ずぴったりとくっつけます。
この両脚の動作は、前に進む推進力に大きく影響しますので
必ず忘れずに意識してください。

プールの底近くまで潜って魚のように平泳ぎで泳ぐということも
平泳ぎを洗練させることができます。
平泳ぎで潜水して前に泳いでいくという感覚は、バタフライという
皆さんが憧れてもなかなかマスターできない泳ぎを習得するイメージ
の予備的なトレーニングになります。

バタフライは、元々、平泳ぎと区別されないで平泳ぎの応用技術として
使用されていましたが、泳ぐ速度の違いが大きくなって別々の競技に
なりました。

平泳ぎで潜り、浮く、蹴るという一連の動作を徹底的に練習することで
バタフライの導入がより容易になります。




スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます