SSブログ

バタフライの習得について [水泳の習得]

こんにちは!

埼北ギターリストです。


いよいよバタフライです。
プールで泳いでいる人でバタフライを綺麗に泳いでいる人は少ないですね。
水泳教室でバタフライを習得して卒業する人は非常に少なく、
大体、できない状態でギブアップする人が多いですね。

バタフライは、水泳の基本的な動きが多彩に取り入れられています。
泳法そのものは、平泳ぎの変形であまり上下の動きが少ないクロールや
背泳ぎとは異なっています。

呼吸法についてもほとんど平泳ぎと同じです。
前に出すときの両手の動きも類似していますが、
水に潜る反発力を利用して上半身が
浮き上がるときに両手を横に広げて、
トビウオのような動きをするというイメージは、全く異なります。

平泳ぎの練習で水に潜った時の水の反発力を利用する方法がありますが
この動きだけでは、バタフライにはなりません。
何が違うのか?
それは、頭から胴体、両脚、両足というように動きを連動してながら
波のように動かしていく動作が全く違います。

この動きをイルカの動きに例えてドルフィンキックと名付けられてます。
ドルフィンキックをマスターしなければ
あの独特なバタフライの動きにはなりません。

両手⇒頭⇒上半身⇒両脚⇒両足という上下動
を練習しなければなりません。
まず、両手、体、両脚を真っすぐに伸ばして
ストリームラインの姿勢になります。




スポンサードリンク














プールの壁を蹴って勢いを付ける必要はありません。
ストリームラインの姿勢で両手と頭を同時に水中に潜る動作を
行い、ある程度潜ったら浮き上がります。

最初は、思い切りプールの底まで潜って浮き上がっても良いです。
このような動きをしながら両手と頭の上下動を体そして両脚に
伝える練習をします。
イメージとしては尺取虫のような感じで両手+頭⇒体+両脚
というように順々に上から下までうねうねと動きを伝えていく
感じですね。

動きの最終は、両足で下に向かって水を蹴る、あるいは水を押す
という結果に繋がればドルフィンキックになります。
この時の膝は、決して曲げないで真っすぐに伸ばして力が
逃げないようにしてください。
膝が曲がるとドルフィンキックにはなりません。

この動きだけで少しでも前に勧めるようになることが大切です。
スムーズなドルフィンキックができるようになるには時間がかかります。
諦めないで繰り返し練習してください。

ドルフィンキックで25mぐらい泳げるようになるとシメシメです。

ドルフィンキックができるようになると両手を空中に出しても
溺れませんので安心して両手を水上に出すことができます。

両手の動きとして真っすぐに伸ばしていた両手を同時に体の側面と
平行になるように下向きに水を掻き、両方の肩甲骨を回すように
両手を後ろから水中から引き揚げて水上に出し、横に広げ
ジャンプするような感じで真っすぐに伸ばして着水します。

この時には、顎を引いて頭を水に漬けるくらいでトビウオのような
感じになると溺れないと思います。

バタフライで速く泳ごうと思うとあまり深く潜水しない方が良いのですが
練習する時は、思いきり潜った方が推進力が得られるので両手を
水上で横に広げやすくなります。

バタフライの基本は、ドルフィンキックのマスターにあります。
これができるようになると、次の段階は簡単です。




スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます