SSブログ

山開きシュテムターンからパラレルターンへ [スポーツ]

こんにちは!

埼北ギターリストです。

中級以上すなわち山開きターンあるいは山開きシュテムターンができれば
どんな斜面でも滑れるようになりあちこちのスキー場や色々なコースに
出かけて滑りたくなります。

広い幅が取れるコースでは、大きな円弧を描いてシュテムターンで
速度を出して滑るのは非常に気持ちが良くてストレス解消になります。
スキーのテールを山開きする動作が慣れてくると、だんだんと開く幅が
小さくなってきてほぼパラレルターンに近くなってきます。

通常の場合、スキーのテールを開く場合には、スキー靴を外側に
踵を中心にして回転させることで結果的にテールが押し出されます。
この感覚は、スキーをずらす動きでトーストしたパンにバターナイフで
バターを塗る感じに近いですね。

でもこのスキーのテールをずらす操作は、固い雪面やアイアスバーンでは
エッジで雪面が捉えにくくなり、場合によってはバランスを崩して
転倒する危険性があります。

このような雪面の状況では、スキーのテールをずらすとどうしても
自分が意図した以上にスキーがずれてしまって転ぶ危険性が
非常に高くなってしまいます。

この時は、山スキーをずらすというより少し持ちあげて横にステップ
する感覚でスキーを動かして、その板に乗り込むようにすれば
転ぶ危険性が大幅に減少します。

テールをずらすような動きは、柔らかくて整備されたゲレンデでは
有効ですが固い雪面では危険です。
ですから固い雪面では、スキーを平行にステップすることが
安全な滑りに繋がります。

そしてこのステップ動作による体重移動が体に染みついてくると
意識的に動かしたいと思うことで簡単に山スキーに乗り込み
それのスキーの内エッジを立てることで谷スキーに変換する
ことが容易にできるようになります。

そうするとどのような雪面の条件でも動きの小さな洗練された
綺麗な滑りができるようになります。
この滑りができるようになると他人が見たら完全なパラレル
ターンで華麗な滑りを行っているように見えます。




スポンサードリンク














このようなちょっとした感覚でターンができるようになるには
ストックが大きな役割を担うようになります。
谷スキー側のストックを常に突きますが、この時に山スキーの
動きと連動して、体重移動が行われる感覚と山スキーの外エッジ
に乗っていた体重が内エッジを立てて内エッジの方向に
体重をかける感覚が研ぎ澄まされると
結果的に次の谷スキーに載って綺麗な円弧が描けるようになります。

もっと具体的に説明すると、左ストックを突いたときは、
今まで右スキーが山スキーであったのが、
次に谷スキーに変えるためのきっかけになります。

山スキーのときは当然のことながら山スキーの外エッジに体重が
かかっていますが、ストックを突くというきっかけにより
右スキーがフラットになり結果的に
右スキーの先が斜面の下側に向きます。
そして連続して右スキーの内エッジを立て
その内エッジに体重をかけることにより谷スキーに変換されます。

この山スキーが谷スキーに変わるという操作をスキーの滑走面の
動きに着目すると外エッジ加重⇒フラット加重⇒内エッジ加重
ということになります。

フラット加重のときは不安定で、車で言うとブレーキをかけた時に
横滑りしてどうしようもない時の状態と似ています。
この状態を脱出するためにはアクセルを踏むと推進力が生まれて
車が前進するようになります。

昔はスパイクタイヤが禁止されていなかったので、このような場合
を何回も経験して死にそうになったことが数えきれないですが
ブレーキペダルからアクセルペダルに踏みかえる勇気で命拾いを
しました。

赤城山の下り道路でガードレールのない雪道ですべり
ましたがアクセルを踏みなおすことで転落を防止できました。

スキーの場合のエッジは、雪面に対してブレーキとアクセルの両方の
機能があると思います。
山スキーの外エッジは斜面下方への転落防止でブレーキのような
働きをしていますが、外エッジを外すとフラット加重になり
ストックの動作によりスキーのトップが斜面の最大傾斜線に
平行にになるような動きをします。
この時は、車の横滑り感覚に似ています。

慣れないと物凄い恐怖心にかられます。
でも内エッジに切り替えて、そこに体重を載せることで
今度はアクセルをふんだん状態になり、
谷スキーになった板は、前方に進み始めます。
この状態になると非常に安定するので爽快感が生まれます。

車とは違うのですがあくまでもイメージの世界だと理解して
ください。
実際には、パラレルで滑っているときには、谷足の内エッジには
多くの体重がかかっているので滑り落ちることはありません。

イメージ的には全体重を谷スキーにかけて滑っており、
その体重のかけ方を谷スキーから次の谷スキーに移動する
ほんの一瞬の恐怖心ですが慣れないうちは怖いことは確かです。

でもそのうちこの恐怖心が快楽や爽快感に変わってきます。




スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます