SSブログ

より洗練されたショートターンの習得 [スポーツ]

こんにちは!

埼北ギターリストです。


斜滑降系のスキー技術であるパラレルターンについて理論の
理解と実践がすすんでくるとどうしても狭いゲレンデや路地の
ようなスロープでは、ショートターン系の技術が必要になってきます。

急斜面でショートターンで滑っている人を見ると憧れますよね。
パラレルターンをいくら速いリズムで滑ってもショートターンのイメージ
にはたどり着けません。

人によって違うとは思いますが、普通のパターンではパラレルの習得
そして悩んで悩んでやっとショートターンができるようになります。
稀にはショートターンの方が最初から得意な人もいると思いますが
これは持って生まれた、恐怖心、リズム感、運動感覚、俊敏性などが
大きく影響しているのかもしれません。

どちらが良いかは分かりませんが、人にはそれぞれ個性があるので
そういうものだと理解した方が良いと思います。

パラレルターンをいくら細かく、速く滑ってもショートターンに
ならないかという理由は、ショートターンは、直滑降系技術であり、
パラレルターンは斜滑降技術であるという違いにあります。

斜滑降では必ず、体が斜面の最大傾斜線に対して横向きになるという
瞬間がどのように動きを細かくしてもあります。




スポンサードリンク














ショートタンには、この体の横向きが絶対にありません。
常に斜面の最大傾斜線に対して体が横向きにはならず正対している
ことが絶対条件にあります。

ショートターンは斜面に対して常に正対しているということを
忘れないで練習することが非常に大切です。
ですから最初は、緩斜面で斜面に正対するプルークボーゲンから
スタートして練習することが習得の早道になります。

ストックの速い動きが重要ですが、最初はストックを使用しない
右左の速い切り替えの動きを練習してください。
最初は、左右どちらでも良いですが、どちらかの靴を早く回す動きと
雪面を押し付けながらテールをずらす動きを覚えてください。

この動きを左右に連続してください。
スキーのテールをずらすときには、体重をその板にかけますから
加重は雪面方向にかけるので膝を曲げる運動になります。
そして速い動きで次のスキー板をずらす操作になるためには
曲がっている膝を伸ばして、次の加重の準備をしなければなりません。

膝の曲げ伸ばし、スキーテールの左右交互の押し出しが連動することに
より一定したリズムが生まれてきます。
この体で習得したリズム感を大事にしてください。

この動きを覚えてしまうと、ストックなしのショートターンの完成です。
次の段階では、ハの字型でスタートしますが、テールを開きださない
方のスキーはあまり加重されていないのでフリーになっています。
この板を開きだした板に寄せる感覚を身に着けるための練習をします。

右の板を開きだしたときは左スキーの滑走面は少し荷重が減りますので
結構自由に動かすことができます。
練習が必要ですが、フリーになったスキーを寄せる動きができるように
練習していきます。

最初は難しいと思いますが、一回の片方のスキーの押し出しと
残りのスキーの引き付けができるようになると、押し出す方の
スキーに自然に沿えるような動きが押し出さないスキーでできるように
なってきます。

見た目は両方のスキーのテールを押し出しているように見えませすが
実際には、押し出すスキーが主役で残りのスキーは添えていだけです。
この感覚を習得できるまで何回も練習してください。

このリズム感は、パラレルターンとは全く異なった感覚になります。
この感覚を掴むことが非常に重要で上達の要になります。

今度はストックを連動させたショ-トターンの練習です。
緩斜面でハの字型で停止して、前に滑り出したら、左右どちらかの
スキーのテールを押し出してフリーのスキーを寄せて2本のスキーを
平行にした状態でストックを突きます。

この場合、右に開きだしてテールが右にあるときは、左のストックを
突きます。
左ストックを突いたタイミングで、右のスキーのテールを押し出して
フリーのスキーを寄せるようにします。

この連続操作で見かけ上はショートターンになります。
ストックの動作、足首の固定、膝の前傾、開きだした板への加重など
一連の動作で、上下動が生まれ、躍動感が出てきます。

より洗練された動きになるように緩斜面から中斜面で
いっぱい滑ってください。




スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます