SSブログ

スキーで遊ぶ [スポーツ]

こんにちは!

埼北ギターリストです。

人があまりいない時を狙って中緩斜面を利用して
スキーで遊びましょう。
一緒に滑りに行った仲間同士でポールをいくつか立てて
タイムレースをしたりするのもモチベーションが上がります。

シュテムターンやパラレルターンターンができるようになったら
是非、片足スキーを練習しましょう。
最初は、安定していると思われる足からスタートして徹底的に
練習してください。

例えば、右スキーだけで滑る場合、左回りでは内エッジが
使えるので2本のスキーを履いているときと同じ感覚で
滑ることができます。

最初は、左回りだけをしつこく練習して体のバランス特に
上体と下肢の形を体で覚えてください。
左周りですから、回転弧の外側に上体を倒さないと
遠心力が上手く利用できません。

膝は、回転弧の内側に向け、足首をしっかりと固定し
上体は右方向に傾けてバランスを取るようにします。
左回転が自由にできるようになったらシメシメです。

次は右回りの練習です。
今度は、小指側のエッジに載る練習になりますが
この方法は、非常に難しいです。
2本のスキーで滑っているときには外エッジですから
違和感はないのですが、これを内エッジとして
利用するのですから最初は大変苦労します。

右回りですから、バランスをとるために膝は右方向に曲げ
上体は左方向に積極的に倒さないとバランスが取れないので
転んでしまいます。
この時は意識して体の形を作ることから始めなければ
右回りは習得できるようにはなりません。




スポンサードリンク















この練習により片足スキーで自由に滑れるようになったら
リフトに載って何回も滑ってください。
本当に楽しいですよ。

2本のスキーで滑った時に柔らかい滑りができるようになり
なかなか転ばないスキーができるようになります。

次の遊びは、スキーで後ろ向きに滑ることです。
最初はプルークボーゲンの形でテールをくっつけて滑る練習を
してください。

体が逆向きだけで普通のボーゲンと同じ感覚で滑ることが
できますがエッジのコントロールに気を付けないと転んでしまいます。
これができるようになるとハラレルターンで後ろ向きに
すねる練習をします。

後ろ向きにある程度滑ることができるようになったら
フィギュアースケートのように雪面上でスキーを履いたまま回転が
できるようになります。

板の滑走面をフラットにして回転するのですが、外エッジが
ひっかかりやすくて転んでしまうかもしれませんが
滑走面を横向きに滑らせる感覚で回転します。

この練習はスキーの滑走面やエッジのコントロールのする能力を
高めることがより良いバランスを保持してリカバリー力を高めます。」

是非、スキー上で遊んでください。




スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます