SSブログ

テニスの基礎理論:フォアハンドストローク [スポーツ]

こんにちは!

埼北ギターリストです。

テニスを始めて、ミスショットを連発していました。
フレームショット、ホームラン、ポコなんてしょっちゅうでした。

良く考えてみたら動いているボールをバットやラケットで捉える
ということは、こちらに向かって飛んでくるボールの軌道に
合わせてその軌道がラケットのスゥイートスポットやバットの芯を
通るように構えて当たった瞬間に反対方向に押し返すということで
始めて正確に打ち返すことができるのですよね。

理論的に考えると飛んでくるボールの軌道を予測しながら
ラケットのスゥイートにボールを当てて、飛んできた軌道の方向に
押し返すことで正確な返球ができるということになります。

初心者のうちは、力いっぱい振り回すばかりでスゥイートスポット
にボールを当てることを考えていないので、ミスショットが多いのです。
それとラケットを振るという言葉に惑わされて体を軸にして
体の周りにラケットを回転運動させるような振り方になっています。

ラケットが体を軸にして回転運動をするということは、
飛んでくるボールの軌道とラケット面が一致するという確率は
極めて低くなってしまいます。
もしうまく合致したとしても本当にたまたまで空振りや
フレームショットばかりを頻発することになります。

これは野球でも同じですが、バットを体を軸にして回す動作では
バットの面積が小さいのでさらに正確に当たる確率が
小さくなってしまいます。

正確に打つということは、飛んできたボールの軌道を予測しながら
くるであろう場所にラケットやバットを持ってきて
ボールに当ててから飛んできた逆の軌道方向に押すということで
正確なストロークや打撃が可能になるはずです。




スポンサードリンク














よく言われることですが、「振るのではなくて押してやれ!」
ということを理論的に説明するとこういうことなのだと思います。
ただし野球とテニスの違うところは、野球は稀にスイッチヒッター
といって左右の打席で打つことができる打者がいますが、
ほとんどの打者は、どちらかの打席で打ちますよね。

でもテニスは、フォアハンドとバックハンドというストロークが
あり、飛んできたボールの方向に合わせてフォアかバックを
選択しなければなりません。

際どいボールの場合は、得意なストロークで打つことができますが
体からどちらかに離れた距離にボールが弾んだ場合にはフォアか
バックを選択しなければなりません。

私は野球を長くやっていたので中々両方のストロークを使い分け
することができませんでした。
ただしフォアハンドストロークの場合、ボールをラケットに
当ててから押し返すという感覚を掴んだ瞬間に正確なショットが
打てるようになりました。

ラケットのグリップには、フォアハンド用の握り方と
バックハンド用の握り方の目安のなる目印、形があるので
それぞれに合わせて握ると、打ったボールがドライブがかかり
ホームランになり難くなるということも理解できました。

ラケットも上手く作られているなと関心している次第です。
それにしてもストロークが一人前にできるようになって
ラリーの相手の迷惑をかけなようになるには時間がかかりますね。

テニスは基本的に、ワンバウンドしたボールを打ち返せば
良いということは、野球のようにノーバウンドで打ち返すよりは
時間的な余裕があるので楽です。
しかし野球は、ホームベースでストライクゾーンというものがあり
打席で体を固定してボールを打ち返すので疲れません。

しかしテニスは、ワンバウンドで打ち返しても良いですが
広いコートの端から端まで走り回ってボールを拾って
打ち返さなければなりません。
見た目よりも実際にやってみてテニスのしんどさが初めて分かります。

当たり前のことですよね。
兎に角、ボールの来る方向に走り、バウンドして落ちて来るボールを
ラケットのスゥイートスポットに当てるためには、
体の高さを調節しなければ上手く当たりません。

ですから走り方も小股で小走りにして、体重を踵ではなくつま先に
かけ前に出した脚の膝を曲げ、後傾にならないようにしなければなりません。
後傾になると打ったボールにかける回転もコントロールが難しく
上手くドライブがかかりません。

このあたりは、スキーでいう後傾になると板がコントロールできなくなる
というイメージに似ているかもしれません。

テニスは自分の守備範囲のコート内を目一杯走り回ってボールを拾い
打ち返しますが、そのためにはボールが弾む位置に速くたどり着いて
待つくらいの余裕が必要です。

野球でもテニスでもゴルフでも同じですがボールを打つ前には
準備動作(テークバック)がなければなりません。
打つ前にラケットを後ろに引いて構える姿勢が必要です。

走るときから既にテークバックを完了していることが正確に
打ち返すためのコツだと思います。
ふいに予想外の場所にボールを落とされるとテークバックが
間に合わなくとミスショットになってしまいます。

フォアハンドストロークの基本形は、グリップの確認、テイクバック、
予測したボールの軌道の高さにラケットのスゥイートスポットに
合わせるために前に出した脚の膝を曲げて、ボールに当てた後は
そのままボールを来た軌道に逆に押しながらドライブをかけるように
ラケットを振るということです。




スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます