SSブログ

テニスの基礎理論:ボレー [スポーツ]

こんにちは!

埼北ギターリストです。

ボレーは、ネットプレーで良く利用される技術ですが、このプレーが
功を奏すのは、相手が返球してきたボールのコースと高さを予め
予測しなければ中々上手くいきません。
バウンドしたボールを打つのではなくノーバウンドのボールを直接
打つのですからタイミングが非常に重要なポイントになります。

ボレーのコツは、ボールをスゥイートスポットで捉えることは
当然ですが、顔よりも前でボールを捉えないと前には飛びません。
ラケットは振らないで狙いたいコースに向けたラケット面の角度を
保持しながらボールを当てます。

そのときは、ラケットを振りたくなる気持ちは分かりますが
決してラケットは振ってはいけません。
ボールを捉えた瞬間にグリップを強く握ることでボールの勢いに
負けないようにすることが非常に大切です。

体の姿勢は、ストロークと同じで前傾姿勢で前に踏み出した足
を曲げ、交差した後ろ足に体重が残るような後傾姿勢はでない
ように、また両足を揃えたような格好では動きが拘束されるので
ストロークと同じような姿勢を意識するようにしてください。

ボレーにもフォアハンドボレーとバックハンドボレーがありますが
基本的にはストロールの中間姿勢である両手でラケットを持って
敏速に動き、その時の状況に応じた対応でフォアかバックで対応します。

バックボレーの場合は、ボールの勢いに負けないようにしっかりとした
姿勢づくりとグリップの感覚が大切です。
窮屈な姿勢になりやすいですが、手だけで操作するのではなくて
体全体で姿勢を作ってボールを捉えるようにしなければなりません。

後傾にならないようにしっかりとした前傾姿勢でボールを捉えるように
練習してください。




スポンサードリンク














ボレーができるようになるとネットプレーが楽しくなりますので
積極的にネットに出るようにしてください。
ネットに出るためには相手のコートにボールを打ちこんだときに
何処に返球されてくるのか高さはどれくらいになるのかについて
経験で学習するしかありませんが、サービスでコースを狙えれば
相手の返球するコースが予測できるのでサーブアンドボレーが
最も多用される技術ですね。

この場合は、速いサービスでないと、エンドコートぎりぎりの
高いロビングで返球されてしまう危険性がありますので
ファーストサービスは、できるだけ速い方が良いですね。

ストロークの場合は、エンドラインぎりぎりの深いボールを
送る方が対戦相手がミスをする確率が高くなるので有効なのですが
長いラリーになった場合は、中々タイミングが掴めないのですが
相手が強いボールを返球してきたときには、低いボールになりやすいので
この時がネットに出てボレーで決めるチャンスです。

ボレーはラケット面の角度でコースを狙うのですが、できるだけ
相手の動きの逆を狙うことが効果的です。
バックサイドにボレーをするのが確実な方法だと思います。




スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます