SSブログ

癌克服療法、琵琶葉温圧療法:琵琶葉温灸の物凄い効果 [健康療法]

こんにちは!

埼北ギターリストです。


前回の記事の続きです。

代謝異常が様々な慢性的なな疾患の原因になっているという
考えかたは、非常に大切です。
この代謝に対して最も重要な働きをしているのが血液です。

昔から、「血の一滴」「血涙を飲む思い」「血のにじむような思い」
とか言われているように人体における生命現象の発現する源泉は
血液の働きによるものです。
要するに人間の慢性病の原因は、代謝異常を引き起こす汚れた血液
なのです。

我々のような生き物は、外から栄養を取り入れ、
体内で様々な合成作用を営みながら、逆に分解作用も並行して
生存しています。

別の言い方では、合成作用を同化作用、分解を異化作用
と呼んでいますがこの両方がスムーズに表裏一体となって
一瞬の休みもなく整然と行われているのです。

人体について外部内部ということをあまり考えないですが、
全身を覆っている皮膚は外部であることは明らかですが、
口、喉、胃、小腸、大腸、肛門という消化・排泄器官と
口、喉、気管支、肺という呼吸器官は外部に当たります。

体内という言い方は、厳密に定義すると、消化器官、排泄器官、
呼吸器官は外部であり、内部は、それらの外部の器官の周りに
ある組織細胞になります。
外部と内部を繋いでいるのは、毛細血管ということになります。

外部から生存に必要な栄養成分と空気(酸素)を消化器官と
呼吸器官を取り入れていますが、空気は肺の毛細血管から
栄養は腸の毛細血管から細胞に供給するために取り入れています。

そして毛細血管の機能を担っているのは血液です。
血液は、全身の細胞へ空気と栄養を供給する働きを行っており、
先ほど説明した細胞の同化・異化作用をコントロールしています。




スポンサードリンク














この同化・異化作用が代謝であり、代謝が正常であれば健康で、
代謝が異常であれば病気なのです。
この代謝は、すべて細胞の中で行われていますが、
すべての細胞は血液により養われているのです。

このことについては、健全細胞でも癌細胞でも同じです。
癌細胞が全身転移することが知られていますが、血液に載って
全身に運ばれて、どこかの器官に定着したときに、
増殖するためには、自分自身に向けて毛細血管を引き込む
という作業をするそうです。

抗癌作用の一つとして癌細胞に栄養を供給する毛細血管を
引き込まないようにすることが上げられます。
鮫の軟骨が配合されたサプリメントがありますが、
この鮫の軟骨組織は、血管を引き込む作用を阻害する働きが
あるそうです。

「活かすも殺すも血液」というほど重要な働きを担っている
血液ですが、野菜食、温浴、安静、心の平和状態でアルカリ性に
なり、肉食、運動、不安、心配、冷浴で酸性になります。
人体は、アルカリ性でもない酸性でもない「酸・アルカリ」の
平衡状態であるpH7.2~7.4の間の弱アルカリ性に保たれていれば
健康でいられるのです。

我々は、血液の恒常性(ホメオスタシス)
を維持できるような環境に自分の体を保てるように
一日の生活法を整備し、チェックしなければなりません。

そのためには正しい食べ物、皮膚の機能の正常化、精神の安定・調和
などの努力を重ねていかなければなりません。
それらの中に琵琶葉温圧療法を取り入れることで、
体内にビタミンB17(アミグダリン)が皮膚から吸収されて
血液を弱アルカリ性にするのです。




スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます