SSブログ

ラーメン店で大声で携帯!思い切って注意した松本人志 [芸能]

こんにちは!

埼北ギターリストです。

ラーメン店で大声で携帯!思い切って注意した松本人志

電車の中とか、バスの中とか飲食店で大きな声で携帯でいきなり
話す人がいますが、日本人の特性としてなかなか面と向かって
注意する人がいないですね。

携帯などはまだましで、私が大学生の頃に満員電車の中で
煙草を吸っている人を注意した時に逆切れされた経験があります。
「エリートの学生さんは違うね」と言われて難癖をつけられましたが
本人も分かっているのだから暴力は振るわれませんでした。

でも満員電車だったのに他の誰も注意しないで「知らん顔をする」
ということが日常茶飯事だと思いました。
大阪の繁華街にある歩道橋で人が殴られて大勢の通行人が無視したために
被害者が殺されてしまったという事件もありました。

群集心理で大勢の人が無視すると敢えてそれに逆らって行動する
ということは心理学的非常に難しいことであると言われています。

路上で喧嘩している人がいて一歩的に殴られているのを見たときは
自分が間に入ると命の危険性があるので110番してお巡りさんに
来てもらいましたが、日本人の一般的な傾向は「見て見ぬふりをする」
ということが当たり前の現代になりました。

松本人志さんがラーメン屋で大声で携帯で話をしている人に対して
注意をしたということは物凄く勇気がいることで
しかも、人気芸人ですから自分の評判を考えたら、とても注意できるはずが
ないと思うので勇気ある行動だと思います。

注意してから店員に対して、「君が注意しないといけないのだよ」
そして後輩に対して「一部始終を黙って見ていたこと」に対して
注意したということです。
松本さんは、いつ殴られるかなとヒヤヒヤしていたそうですが
自分の経験から良く分かります。




スポンサードリンク














新幹線に乗った時は、けっこう似たような経験がありますね。
直ぐに終わるだろうと思っていた会話が延々と続いており、
当事者ではない同乗者に会話の内容まで聞かされるのはたまった
物ではありません。

しかもその会話の内容が、「あいつはそんな基本的なことができないのか」
「礼儀知らずだね」なんて会社か取引先の担当者かの悪口を言っている
内容でしたから流石に注意しました。
人に対して偉そうに言っている本人がマナーを守れないなんて
困ったものですね。

でも注意する時に逆切れされて殴り合いのけんかになった場合
両者ともに傷害罪になるとしたら注意の仕方も考えないとダメな
世の中になったということで難しいです。
例え武道に心得があっても喧嘩して怪我をさせたら傷害罪に
なるのですから口臭の面前で注意するということは大変勇気が
いることだと思います。




スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます