SSブログ

音痴克服練習方法:良い声を出すためのポイント [音楽]

こんにちは!

埼北ギターリストです。

私も何かの番組とか本で読んだ記憶があるのですが、クラッシクの
声楽家は、毎日毎日、腹筋を強化するような筋トレをやっている
という話がありました。

現在でも腹筋強化⇒声量が大きくなるという考え方をしている人が
いるかもしれません。
でも私自身も「腹筋=声量」ということを昔は無意識に思っていました。

ですから体が大きくて腹筋がありそうなアスリートや相撲取りなどが
歌が上手い人が多いのは何となく腹筋が強いからだと思っていました。
でも私は現在66歳で運動についてはサボり気味ですし、
昔よくやっていた腹筋を鍛える筋トレは辛いので全くやっていません。

しかし、現在は昔よりもはるかに高い音域の声が出ますし、
女性ボーカルの音域も出るようになりました。
これは決して腹筋強化のためでもなく、やはり発声練習つまり
ボイストレーニングのためだと思っています。

自分では、ギターで弾き語りをしたり、女房が留守のときには
ピアノ伴奏で思い切り歌っています。
女房がいるとピアノの横にテレビがあるので、ピアノと歌が
うるさくて迷惑になるからです。

でも一緒にお酒を飲んで盛り上がった時には、女房から
リクエストされるのでピアノで一緒に歌ったりしています。

女房に言わせると、数年前の発声方法と現在の発生方法が
随分違ってきており、聴いていて嫌な歌い方をしていないと
言われるようになりました。

自分では上手く歌っているつもりだったのですが、録音された
昔の自分の声を聴いてみるとやはり「何か変」です。

特に演歌で「兄弟船」などのように絞り出すような声で
歌われている歌では特に喉に力を入れたダミ声になってしまっている
事に気が付きました。




スポンサードリンク














これは、自分の思い込みによるものだろうと思いますが、
歌っている歌手のイメージをことさらに強調しすぎたためで
あろうと思っています。

人の声は、その人自身の特徴があり、無理に発声を変えなくても
自分でも最も美しい声を出すということを心が得るべきである
という考え方に最近は変えました。

要するに喉に力を入れないし、体のどの部分にも力みがないようにする
ということを心がけてます。
立って歌うよりも椅子に腰かけて歌う方がリラックスするようです。

自分の感覚ですが、コーラスで歌う時のようにきれいな声を出すという
気持ちでどのようなジャンルの歌でも歌うようにしてます。
そうすると昔のに変な声にならなくて済んでいるようです。

女房の好みは、「分かれのサンバ」という曲で盲目の歌手である
長谷川きよしが歌っている曲で声質が非常に似通っているそうです。
彼のギター演奏は、コピーが難しくて完全にコピーすることが
できていませんが、私も彼の歌は大好きです。

高い声域の歌として私が好きな曲では、やはり桑田佳祐の曲が多いですね。
「真夏の果実」「愛しのエリー」「つなみ」などの曲を歌うことが
高音の練習には最適です。

美空ひばりの歌では、「愛燦燦」「津軽の故郷」「川の流れのように」
など低音と高音の両方をきれいに出せないと上手く歌えないので
発声の良い練習曲です。

高い声を出すときと低い声を出すときでは、声帯の形を意識的に
変えることが上手くいくコツだと思います。
高い声を出すときには、少量の空気量で声帯を細く引き伸ばすような
感覚を持ちます。

低い音を出す場合には、声帯をリラックスして特に共鳴を意識して
喉に力を入れないようにしています。

先ほども言いましたが、声量を多くするには、
力を入れて大きな声を出すというように思いがちですが、
咽頭を上手く共鳴させる方が実際には大きな声になります。

しっかりとした発声ができるつまり共鳴をしっかりできれば
普通の人がマイクを使うよりも大きな声が出せるようになります。

随分昔の話ですが、会社で良く接待に利用していたお店で
仲居さんが元歌手で「村田英雄」の弟子だったという人がいました。

その人が発声すると私がマイクを使った声よりはっきりとした声で
しかも大きな声で歌えることを確認した時には本当に吃驚しました。

声帯を上手く活用してきれいでしかも大きな声を出せるということを
目の当たりにして「そんなことができるのか?」というカルチャーショック
を味わいました。

でもその時の記憶は今でも鮮明に残っているので貴重な経験になりました。

カラオケ店には最近はあまり行かなくなりしたが、発声方法について
意識しだしてから、マイクなしでも普通の人と比べても負けない声量に
なりましたので、あの彼女ともう一度会ってみたいなと思います。




スポンサードリンク














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます