SSブログ

中級段階へのスキー技術の発展 [スポーツ]

こんにちは!

埼北ギターリストです。


スキースロープをゆっくりでも滑れるようになると、よほどの急斜面でも
ない限りはどこでも滑り降りてくることができるようになります。
スキーもスポーツですから、まずは理論についての正しい理解・納得があり
それから体で感覚を掴むための練習が必要です。

緩斜面から中斜面に移動して滑る速度を段々と大きくして速度に慣れてください。
自分では速度を出しているつもりでも人から見たら結構ゆっくりと滑っている
ように見えるものです。

板が先に走って体が遅れて後傾姿勢で滑っている人が中級者になっても
かなりの頻度で見かけます。板の真上にしっかりと載れていれば
速度感はあまりありませんので恐怖心は全くありません。

そしてスキー板をコントロールできていればいつでも曲がれるし、止まれるので
安心・安全なスキー滑走が可能になります。




スポンサードリンク














中級段階のスキー技術として斜滑降からスタートして斜面の両端で止まって
キックターンする方法についてお話ししましたが、キックターンをしないで
斜面の端でターンする方法について説明します。

これは山開きターンという技術です。
斜面の端まで滑った時に、山側のスキー板のテールを山側に押し広げます。
スキーのテールが開いたらひき続いてそのスキーの内エッジを立てながら
体重をスキー板の真上に載せるように移動させます。
この動作の結果、山スキーは、谷スキーに変換されます。

新しく谷スキ―になった板の内エッジを立てることで雪面にしっかりと
食い込んで体重をかけることで次の斜滑降になります。
斜面の端まで行ったら、同じように山スキー⇒谷スキーに変換し体重移動
を行うことで連続したターンでできるようになります。

最初は緩斜面を利用して十分に滑り込んで体で恐怖心を克服してください。
斜滑降⇒山スキーの山側への開きだし(斜面にフラットに開きだす)
⇒内エッジを立てながら状態を移動する⇒エッジを立てた状態を維持
⇒谷スキーになった板に全体重を載せる
という連続動作でどのような斜面でも滑れるようになります。

このときも足首の固定、膝の前屈を忘れないようにしてください。
体全体の姿勢については、後傾になら内容にお尻を後ろに突き出さないで
腰もお尻も上体と分離しないようにスマートな形を保ってください。
上体は積極的にスキー板を引っ張るような意識で前に出してもかまわないです。
そうすることで速度に対しての恐怖心が全くなくなります。

山開きターンがスムーズにできるようになると完全な中級者です。
この技術は、斜滑降の発展形ですが、スキーのテールを開く角度が段々と
小さくなるにしたがってパラレルターンという完成形に近づいていきます。

もう一つには直滑降の発展形として、ストックの補助を最大限に
利用して、ストックの再有効後に突く動作から得られるリズミカルな
動きと左右の板のテールの連続的な押し出しからにより滑っていく
ショートターン(ウエーデルン)系の技術があります。

この滑り方は、斜面に正対するので、慣れないと恐怖心が物凄い
ですが、板を揃えて、ゲレンデでリズミカルに滑っている姿は
誰でも憧れるスキー技術です。

この技術は、パラレルターン系の動きを如何に速くしても
ショートターンにはなりません。
それはなぜかというと、斜滑降と直滑降の違いがあるからです。
ショートタンの習得には、ハの字型滑降からスタートして
左右のストックでリズムを取りながら左右のスキーのテールを
交互に押し出すということを連続的に行うことが必要です。

体は常に斜面に対して正対しています。決して斜滑降のように
斜面に対して横向きにはなりません。
右のストックを突いたら、左の板のテールを押し出し、
左のストックを突いたら、右の板のテールを押し出すという
連続動作を繰り返して休みなく行う必要があります。

ハの字型については、練習していけば結果的には
左右のスキー板が平行に揃ってきますので、
練習を開始したときにはリズム感のみを重視してください。

不思議なものでリズミカルな動きに対して体が反応するので
開きだした谷スキー板のテールに揃うように山スキーが自動的に
動いていきますので段々と左右のスキーが揃っていくようになります。

パラレルターン(クリスチャニア)とショートターン(ウエーデルン)
は、全く違う技術であるという理解していると最終的には
両方の滑り方ができるようになります。

比較的横幅が広い斜面ではパラレルターンでも問題がないのですが
路地のような非常に狭いコースでは、ターンの切り替えが
非常に大変になります。

こうゆう場合には、斜面に対して正対してストックのリズムから
板を左右の振る(左右の板のテールを交互に押し出す)ことで
切り返しの速い滑りを安全に行うことができます。




スポンサードリンク













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます